初心者でも全く問題なし

ゲーム作成を志す人の中でも、プログラミングを学びたいという方は、大学よりも専門学校で学ぶことをお勧めします。なぜなら、周りに初心者の人がたくさんいるからです。大学の場合、高校である程度知識を付けている人がいるため、そうでない人との差が生まれてしまいます。ですが、専門学校ならば、プログラミングとは何かを知らずに入学してくる人が多いです。また、プログラマーとして将来働くことを前提とした学校なので、プログラマーへの就職が比較的有利です。しかし、大学と違って将来の選択肢が狭くなってしまうという点から、安易な気持ちで入学することは避けましょう。

開発環境が整備されている

プログラマーの専門学校は、大学に比べて開発環境が整備されているという点で優秀です。ゲームプログラミングのスキルを具体的に学べるだけではなく、周りの学生のほとんどがゲームクリエイターやゲームデザイナーを目指しています。そのため競争意識を持つことができ、それが向上心につながります。専門学校に入学したら、その優秀な開発環境を生かして在学中にできるだけたくさんのゲームを開発してみましょう。それが就職の際に有利に働く可能性もあります。

コース選択は非常に重要

専門学校に行くとなると、様々なコースから自分の志望するコースを選ばなくてはなりません。そこで間違ったコースを選ぶと、ゲームプログラマーになるための道から少し外れたことを学ばなくてはならなくなるかもしれません。そのため、専門学校に行く際には、コース選びが何よりも肝心です。

ゲームの専門学校はプログラムやグラフィック、シナリオなどのゲーム制作に関する専門の知識や技能を習得するための学校です。