保険料重視の人はダイレクト型

自分で選んだ補償内容をインターネットや電話で直接申し込むダイレクト型自動車保険。保険の代理店や営業所などが間に入らないので、中間コスト分保険料を安く抑えることができます。自動車保険は安いからと言って内容が悪いわけではありません。普段どのような目的で自動車を運転することが多いのか、自分以外の家族が何人運転するのかなど、自動車を運転するうえで起き得るリスクと支払う保険料のバランスを徹底的に自分でチェックできる人にはおすすめです。しかし、どのような自動車保険が自分や家族の運転する状況に適しているのか分からない、または細かく決めるのが面倒な人には、保険料が安くなるからと言ってあまりおすすめできないかもしれません。

サービス内容重視の人は対面型

対面型自動車保険の場合、保険の代理店や営業所で担当者に相談しながら補償内容を選ぶことになります。間に人が入っている分、ダイレクト型自動車保険よりは保険料が高くなります。しかし対面型自動車保険のメリットは、何と言っても自動車保険のプロである担当者に直接相談できるという安心感です。担当者に相談することで、自分では想像もしなかったリスクについてアドバイスしてもらうことができます。また、自分や家族の運転する状況が変わった時でも、日頃からコミュニケーションを取っていることでスムーズに最適なものをおすすめしてもらえます。ただ、いくら自動車保険のプロとは言え担当者の能力によっては満足度が変わることがあるので、担当者選びも慎重に行うべきでしょう。

自動車に乗る人は必ず入った方がいい保険ですが、保険料など気になりますよね。今は簡単にインターネットなどで自動車保険の比較ができるので、より自分に合ったものを探してください。