税理士の資格の取得方法を知ろう

税理士の資格を取得するためには、国家試験に合格するだけでなく、国税庁や税務署などの国や自治体の職場で一定期間勤務をしたり、公認会計士の資格を取ったりする方法もあります。全国には大学を卒業した後に働きながら税理士の国家試験の合格を目指す人が多くいますが、効率よく試験対策を立てるにあたり、理解力が必要となる分野を集中して学習をすることが大事です。特に、簿記論や会計学などの専門的な知識を身につけるためには、数年以上の学習期間が必要なことがあります。また、テキストや問題集などを使った独学の学習法は、費用が安く済むものの、試験に出題されやすい大事なポイントが把握しにくいこともあり、時には通信教材などを利用することもオススメです。

税理士試験の勉強法を選ぶコツ

税理士試験の勉強を始めたい時には、予算や時間などを考慮して理想的な学習方法を見つけることがポイントです。特に、一年程度の短い学習期間の中で合格のために必要なポイントをマスターしたい場合には、社会人や学生を対象とした対策講座が用意されている予備校に通うことがおすすめです。また、税理士試験の問題の難しさや合格率は、年度によって大きく異なりますが、過去数年間の問題集の内容をチェックしながら、出題傾向をじっくりと把握することが大切です。税理士試験の受験対策に定評のある予備校の中には、パソコンを使った学習法が導入されているところもあり、仕事や家事などが忙しい人であっても、好きな時間に苦手分野の克服をすることが可能です。

税理士の講座では、基礎から丁寧に学べるように配慮されているため、初心者でも安心して資格取得を目指せます。