介護業界で働くには?!

介護業界は過酷な仕事内容が多い割には賃金が安いと言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか。介護業界の仕事の特徴として、介護資格無資格からでも働き始めることができるという点があります。業界に参入しやすいということは介護業界の労働人口を増やすためには大いに役立っていると言えますが、介護資格有資格者も働いている中、無資格者の賃金設定が低くなってしまうことは否めません。逆に言えば、しっかりと介護資格の取得をしてキャリアアップを目指すことで、賃金アップの可能性は十分にあるのです。また、介護業界の中には過酷な仕事内容があることは事実ですが、職種の幅が広いということも事実としてあります。働き始めるときに介護業界にはどのような仕事があるのかをしっかりと調べておけば、自分の希望する仕事内容で働くことも可能です。

キャリアアップに必要な介護資格

介護業界でキャリアアップをするには、上位の介護資格の取得と実務経験が必要です。上位の介護資格とは、介護福祉士資格やケアマネジャー資格のことを言います。介護福祉士資格を取得すれば需要の高いサービス提供責任者になることができます。また、ケアマネジャー資格を取得すればケアプランの作成ができるようになるなど、各介護施設や事業所が必要としている能力を身につけることができるのです。資格手当を支給している企業で働くことができれば賃金も上がり、転職の際には選択肢も広がり、転職活動が有利になるでしょう。

社労士の講座では、日本の労働についてや社会保険の情報について習うことができます。さらに、通信講座も存在します。